安土桃山・江戸時代初期の武将。根来衆雑賀衆を率い、本願寺顕如などと結んで織田信長を苦しめたが、後に豊臣秀吉に敗れてその配下となる。関ヶ原の戦では西軍に属したが、後に徳川家康に三千石で登用された。
WikiPedia.ja:雑賀孫市

主な登場作品


藤丸地獄変

雑賀孫一の名で登場。雑賀衆の頭領。日本中を爆薬で吹っ飛ばすという狂った野望を持っており、衣服の下には大量の爆弾を抱え込んでいる。かなりの外道だったが、藤丸らに敗れて盛大に自爆した。後に宗像空右衛門の呪法により復活し、雁杉野坊との仲を公然とアピールするも再び敗北した。

魔空八犬伝

石山本願寺を救援に訪れた雑賀衆の頭首。人呼んで「尻食え孫市」。権威権力に媚びない性格で、本願寺を訪れていた犬山道節と意気投合する。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-23 (月) 00:12:40 (4414d)