剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃

離天京に潜む反幕府の志士。本名龍巳十四郎。柄に拳銃を仕込んだ銃剣を操る。飄々とした性格で、沙耶凛花と共にぶらぶらと暮らしているが、内には熱いものを秘めている。その前身は蒼志狼の父や花房迅衛門と同僚の御庭番衆だったが、親友かつ恋人(?)の榊嘩蓮がに殺されたのを期に出奔、ために御庭番衆に命を狙われている。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-09-26 (水) 01:36:03 (4319d)