(1550〜1587)戦国時代の剣豪。名は勝秀。塚原卜伝に学び、鎌倉の鶴岡八幡宮に参籠して悟るところあり、天流を興した。その後京に出て天流の太刀を天覧に供え、左衛門尉を拝任し、井手判官入道伝鬼坊と名乗って諸国を巡った。兵法上の争いから闇討ちを受け、無数の矢を受け落命したという。


魔剣士 黒鬼反魂篇

大小に巨大な鎌槍を抱えた、禿頭、髭面の巨漢。朝廷にその技を上覧した帰りに奥月桔梗と出会い、一目でただ者でないと睨んで、立ち合いを望む。後に無我神主水と対決し、一方的に押したように見えたが、黒馬念流の邪剣の前に鎌槍を断たれて敗れる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:05 (4971d)