伊賀の影丸

由比正雪を追う伊賀六忍の一人。前髪立ちに大振り袖の若衆姿の盲目の美青年。縄術と独楽を得意とし、相手をからめ取った縄の上に独楽を走らせ、相手の体に独楽が突き立てる忍法くも糸渡りを使う。幻心入道鏡月如月文兵衛を倒すが、文兵衛が呼んだ五十鈴大作の鈴の音に神経を乱され、相討ちとなる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:04 (4911d)