真田十勇士の一人。穴山小助と共に活躍、大坂夏の陣では、「真田幸村なるぞ」と名乗って奮戦の果て、本多の郎党に討ち取られたという。


西海水滸伝

豊臣秀頼に従って南蛮より帰還した真田十勇士の一人。マントルに南蛮服をまとった、南蛮カルタから抜け出たような長身痩躯の髭面の男。十体分身の術や南蛮カルタの絵に変じる術などを操る。八代で宮本武蔵に十体分身の術を破られ、二体となったところを<神鎮頭>の太刀で倒された。

藤丸地獄変

十勇士の一人で、顔を覆面で覆い、目だけ覗かせた男。右手の太刀と左手首に仕込んだ刃の二段攻撃を得意とする。霧隠才蔵ら他の十勇士と共に登場、はぐれ透波たちを倒して天下を取ろうとするも、敗北。はぐれ透波たちの強さに感心しながら果てた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:03 (4854d)