(1810〜1850)江戸後期の侠客。十九歳で博徒となり、大前田英五郎の弟分となる。その後上野赤城山を中心に勢力を広げ、日光の円蔵ら多くの子分を従えたが、賭博・殺傷・関所破りなどの罪で捕らえられ、磔刑に処された。
WikiPedia.ja:国定忠治

主な登場作品


忍者からす

15歳の時に赤城山麓の熊野社で願掛けをした際に出会った神鴉・晃円坊(日光の円蔵)に魅入られ、以来操られて無法の限りを尽くす。後に妄想に憑かれた晃円坊の指示により赤城山に立て籠もり代官所を襲うが、江戸神鴉に毒を盛られ、半身不随になったところを捕らわれて処刑された。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-01 (日) 15:37:01 (4737d)