月華の剣士 第二幕

名刀工・高嶺源蔵の娘で、細身の少女ながら武士顔負けの抜刀術の達人。刹那のために八十枉津日太刀を打ち、そのまま病の床に伏して亡くなった父が見たものを知るため、刹那の後を追い、地獄門を巡る争いに巻き込まれていく。天野漂とは父を通じての顔見知り。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:00 (5407d)