(1589〜1638)江戸前期の剣客。伊賀生れ。柳生十兵衛に就いて剣法を極めたと言われる。1634年に義弟・渡辺数馬の仇討ちに助太刀し、数馬の父の仇河合又五郎を伊賀国上野鍵屋の辻に討つ。後に鳥取池田藩に引き取られるが、到着直後に急死したという。
WikiPedia.ja:荒木又右衛門

主な登場作品


魔界転生(石川版)

魔界衆の一人。豪傑的な風貌を持つ剣豪。柳生十兵衛を求めて柳生の里に乱入、大虐殺を行ったところを鷹王の鳥に襲われ、肉体の大部分を喰われるが、その下からおぞましい魔物の姿で復活して鷹王を惨殺。九鬼谷で十兵衛に襲いかかるが、キアラの爆発に巻き込まれて消滅した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-10 (日) 23:13:30 (4693d)