仮面の忍者赤影(漫画)

幻妖斎の名で登場。六角義治に雇われた忍者で、金目教の教祖に化け、農民を煽動して、対織田信長の戦力としようとした。それを防ごうとする赤影青影霞谷七人衆を率いて戦いを繰り広げるも、敗れて自ら急流に身を投じる。

新仮面の忍者赤影

金目教を背後で操る甲賀忍者の頭領。右目に眼帯の下には見た者を催眠術にかける金色の目がある。武田信玄と結び金目教徒により一向一揆を煽動、さらには信玄の死後に自分の配下を信玄に化けさせ、自らが天下を取ろうとしていた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-16 (日) 02:05:27 (4784d)