(1681〜1741)江戸中期の大年寄。徳川家継の生母月光院に仕えて勢力があったが、山村座の役者・生島新五郎との乱行の罪で1714年、信濃高遠に流刑となった。生島は三宅島に流罪、山村座は断絶して、連座者千五百余人に及んだという。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-23 (日) 13:08:53 (4780d)