(?〜1613)江戸初期の盗賊で寛永三甚内の一人。高坂とも。武田家の臣高坂弾正の子で、主家滅亡後、盗賊の首領となり江戸を荒らしたが、慶長18年に捕らえられ刑死し、その後瘧の治癒に霊験ありと崇められた。また、宮本武蔵の弟子であったが、不行跡のため破門されたと言われる。 番町皿屋敷の物語ではお菊の父であり、甚内が青山主膳に捕らえられたためお菊は主膳の侍女とされた。

寛永三甚内

勾坂甚内。大盗・寛永三甚内の一人。武田家の家臣高坂弾正の息子。宮本武蔵の弟子となって円明流を極めたが、辻斬り強盗を行ったことから破門。以来盗賊となって多くの手下を引き連れて暴れ回った。ある因縁が元で、吉原でかつての同業・飛沢甚内に捕らえられる。

武蔵の一喝

高坂甚内。武田家滅亡後、摂津で宮本武蔵と出会い、以来弟子となる。腕前は武蔵の三人の高弟の中で随一であったが、性驕慢であったためただ一人極意書を与えられず、その失望から堕落。ついには二人の兄弟弟子を斬り、極意書を奪おうとするが、武蔵の一喝にあって遁走する。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-15 (土) 21:07:59 (4695d)