(1308〜1335)南北朝時代の皇族武将で後醍醐天皇の皇子。大塔宮。初め出家して天台座主となり関東調伏の祈祷を盛んに行った。1332年討幕を計って還俗し吉野に挙兵、討幕の令旨を各地に送った。新政府では征夷大将軍・兵部卿に任ぜられたが、足利尊氏と反目して鎌倉に幽閉され、中先代の乱の際、足利直義が使わした淵辺義博に殺された。実は淵辺伊賀守に殺害されておらず、逆に淵辺に守護されて奥州石巻まで落ち延びたという伝説がある。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:58 (4827d)