伊賀の影丸

若葉右近に雇われた甲賀七人衆の一人。三里先の魚の匂いを嗅ぎ分けられるほどの嗅覚を持ち、また山犬の群れを自在に操る。右京に苦手とする水中に引きずり込まれて倒された。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:53 (4704d)