姫路城の天守に住まうという神姫。小刑部大明神ともいわれる。「甲子夜話」には常に天守にいて人の入るのを嫌い、ただ年に一度、城主にのみ対面すると記されており、泉鏡花はこれら伝説を元に「天守物語」を著した。巷説では宮本武蔵に退治されたとも。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:51 (5407d)