剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃

弱冠十七歳の御庭番衆若頭。九皇天昇流の伝承者たる証の二本の太刀の一つ・蒼煌を持ち、円の動きを基本とする太刀を使う。美青年だが性格は無愛想で鉄面皮、立ったまま寝るという癖を持つ。花房迅衛門と共に離天京に潜入、そこで父の仇である義兄・九鬼刀馬と対決、刀馬を破って伝承者の証の二刀を手にした。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:49 (4820d)