(?〜1651)由比正雪の高弟。剣の金井として、丸橋忠弥と並び称された。慶安の変では大坂方面での騒動を担当したが、事前に事が露見し捕らえられ、処刑された。


伊賀の影丸

実は生きていた正雪を守って、沼津で影丸と対決。その後も最後まで正雪と行動を共にし、影丸に敗れて切腹する正雪の介錯をした。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:48 (4818d)