藤丸地獄変

神楽衆五輪音楼の一人。その名の通り琴を持った平安美人調の外見の女。弓になる琴と、両手の琴爪を武器とする。厳島での決戦で敗れた際には自らの散り際に酔ったような台詞を吐いて倒れる。後に宗像空右衛門の呪法により復活するが、再び己の散り際に陶酔しつつ最期を遂げる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:47 (4790d)