羅刹の剣

抹那藩藩主。幕府転覆の野望に燃え、幕府の御用金の金塊を強奪。また幽鬼蔵人らに命じて反魂蟲の研究を行わせていた。蜂起まで後わずかという時、幕府の隠密の潜入を知り暴走、反魂蟲で城下を死の街と変えた。城内に突入した飛葉小太郎りんに倒されるが、既に反魂蟲に憑かれており、体から六本の腕を生やした怪物と化して復活した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:47 (4698d)