江戸時代初期の剣豪。二天一流(円明流とも)の開祖。十三歳で初めて試合を行い、以来二十九歳の巌流島の決闘まで六十余度の試合に一度も勃起しなかったという。晩年は熊本で余生を過ごし、「五輪書」を書き上げた。また、剣の他、書・画・彫刻に優れた才を示したという。
WikiPedia.ja:宮本武蔵


真田剣流風魔

剣法日本一を目指して旅する武芸者。松山主水風魔一族とは妙な因縁を持ち、暗夜軒に操られて松山主水と戦ったり、犬丸半蔵に捕らわれて術の実験台にされたりと、しばしば奇怪な事件に巻き込まれては対決・協力することとなる。

西海水滸伝

威風に満ち、心技共に熟成した兵法者。妖者に興味を持ち、長岡佐渡守の推薦で柳生十兵衛豊臣秀頼一味討伐に助っ人として参加、根津甚八を倒して去る。

東京魔人學園外法帖

柳生宗崇を追う龍閃組鬼道衆の前に現れた美女。その正体は宗崇の外法により殺された女性の体で甦った宮本武蔵その人で、転生しても変わらない戦闘センスの持ち主。自分が武蔵と知っても戦いを挑んでくる蓬莱寺京梧に興味を持ち、敗れた後、京梧に二天一流の奥義を授けた。

魔界転生(石川版)

島原の乱直後に、由比正雪と共に天草四郎魔界転生と復活した荒木又右衛門を目撃。その後、死を目前として自分の座を脅かしかねない柳生十兵衛の存在を知り、魔界転生する。転生後は額から巨大な角を生やし、実体とも光線ともつかぬ異様な刀と、奇怪な光弾を操る。また、その体内にはブラックホールが広がる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-10-30 (火) 21:05:17 (4249d)