邪馬台国の卑弥呼がよくしたと言われる一種の妖術。魏志倭人伝においては「鬼道に事へ、能く衆を惑はす」と記されている。


東京魔人學園外法帖

卑弥呼が創始し、九角家に伝えられている秘術。その内容は陰と陽の二冊の鬼道書として遺され、陰には反魂・厭魅や変生といった妖術が、陽には練丹・占術に加え、黄龍の器を産み出す法が記されているという。
戦いが終わった後、悪用を恐れる九角天戒の命で封印されるが、現代において天戒の子孫及び桔梗の子孫により封印が解かれ、二度に渡り惨劇を引き起こした。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 21:41:37 (4913d)