柳営秘録かつえ蔵

浅草の大道手品師。せむしで片目で無類の醜男だが、浅草名物の手品の名人。大道で出会った不思議な老人、実は生きていた平賀源内に弟子入りして「形学」を学び、奇妙な因縁から「夫婦斬り」の介錯をした。後に平賀浅草を名乗った彼の書斎には、由来不明の髑髏があったという。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-16 (日) 00:01:21 (5397d)