伊賀の影丸

闇一族の一人。腕を動かさずに石つぶてを飛ばす「岩風」「ふぶき」の術の使い手。影丸との死闘の末に深手を負い、死に顔を見せるのを嫌って一人消えていった。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:43 (5407d)