伊賀の影丸

由比正雪を追う伊賀六忍の一人。三角帽子をかぶった丸顔の男で、蝉の抜け殻のように自分の姿を残す忍法空蝉を使う。鉄扇を空蝉で倒すが、如月文兵衛に術を破られ、忍法雷神で重傷を負う。その後再登場するも、逃走中のこがらし竜五郎を発見して戦いとなり、相討ちとなった。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:42 (4818d)