越後柏崎の穀屋・増右衛門の用人が見慣れぬ小僧から買い取った三匹の蟹。うち一匹を食べた犬は変死。小僧を追った用人と、依頼されて蟹の絵を描いていた絵描きは海に転落し、蟹に食い散らかされた死骸となって発見された。増右衛門も後々まで残る二匹の蟹の幻影に苦しめられたという。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-09 (日) 00:00:19 (4790d)