神変麝香猫

麝香猫のお林の腹心の配下。普段は猫しか描かない不思議な大道絵描きに身をやつしているが、その正体はかつて雷鬼と綽名された高山右近の兵法指南番・会津宗因で、右近らが日本を去る際にお林を預かり、武術を仕込んでいた。お林が一党を率いて立った際には、これを補佐して最後まで共に戦い、後に海外に渡った。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:39 (4704d)