獣兵衛忍風帖

決まった主を持たない凄腕のはぐれ忍びで、カマイタチを起こす疾風の居合いの使い手。飄々としながらも男臭い風貌で、ぶっきらぼうなようでいて内には熱い心を秘めている。かつては山城藩お抱え忍びの一員だったが、陰謀にはめられ、仲間たちと上役の氷室弦馬をその手にかけて出奔した。望月藩を訪れた際に偶然陽炎を救い、さらに濁庵の企みに嵌められて鬼門八人衆と事を構える羽目になるが、八人衆の非道と頭領が倒したはずの弦馬であることを知り、闘志を燃やす。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:39 (4849d)