剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃

九葵蒼志狼と共に離天京に潜入した幕府御庭番衆。背は小さいが、十字槍を扱わせては幕府屈指の遣い手。当代珍しい武士道を重んじる硬骨漢であり、蒼志狼の父・九葵武尊守鉄騎や龍巳十四郎(榊銃士浪)はかつての同僚。また、覇王丸とは旧来の友人。何故か沙耶に好かれてしまい、「花ちゃん」呼ばわりされる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-09-26 (水) 01:35:21 (4864d)