東京魔人學園外法帖

鬼道衆の一人で、両腕に機械仕掛けの義手をつけた男。獰猛な性格だが仲間に対しては情が厚い。前歴は長州藩の志士だが、禁門の変で仲間と両腕を失い、爾来冷酷な戦闘機械として生きてきた。一度は陰の珠の力で変成、巨大な鬼と化すが龍閃組に倒され、志士の魂を取り戻した。
戦いの終わった後は高杉晋作の口利きで長州に帰参、新政府と旧幕軍との戦いに参加したという。また、その陰の珠は現代に九角家の子孫・天童により封印を解かれ、陰の氣が人格化して炎角を名乗り、龍閃組鬼道衆の子孫たちと対決した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 21:23:36 (4848d)