飛び加藤とも呼ばれた凄腕の忍び。幻術の達人と言われる。上杉謙信に仕えたが、そのあまりの腕前を恐れられて放逐され、次いで武田信玄に仕えたが、同じく恐れられて暗殺されたという。


からくりの君

加当段蔵の名で登場。当代随一の忍びにして幻術の達人と言われた男。幻術の加当、鳶加当などとも呼ばれた。この男の力を借りようとした蘭菊に対して、流れ忍びの睚弥三郎は、あまりの凄腕をおそれられてこの男は暗殺されたと語るが…

抜忍伝説

飛行術を得意とし、飛び加当の異名を持つ謎の忍者。小源太と地雷矢を襲い、地雷矢を倒した。実は百地三太夫に二人の殺害を依頼されており、奈良で小源太の前に再び現れるが返り討ちに遭う。

藤丸地獄変

武田信玄と結ぶ透波忍軍の頭領。ホバーユニットにより驚異の跳躍力を誇り、火の鳥となって突っ込む極楽鳥の術を操る。信玄が陰ではぐれ透波を育成していたことを知って怒り狂い、藤丸らを二度に渡って襲った。後に宗像空右衛門の呪法により復活するも、既に藤丸らの敵ではなかった。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-16 (日) 02:11:10 (4906d)