(1844〜1868)新撰組一番隊長。白河藩士の子に生まれ、天然理心流の試衛館で剣を学び、三段突きを得意とした。同門の近藤勇らと共に新撰組に加わり、活躍。池田屋事件では近藤と共にわずか5名で突入するが、かねてから患っていた肺結核のため喀血して昏倒した。鳥羽伏見の戦の後、江戸に戻り、わずか25歳で病没した。
WikiPedia.ja:沖田総司

主な登場作品

  • 異聞沖田総司
  • 沖田総司シリーズ
  • 鬼神新選
  • 修羅の刻 陸奥出海の章
  • 新撰組異聞 暴流愚
  • 総司還らず
  • FIGHTER
  • 無頼

東京魔人學園外法帖

労咳のため病み衰えつつあったが、尊敬し目的としていた壬生霜葉と戦うため柳生宗崇の誘いに乗り、離魂の法によって(何故か洋装で)鬼哭村に出現、壬生らと対決した。病から解放されて存分に刃を奮うも敗れ、想いの伴わない力の先には何もないと悟って消えた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-02 (日) 15:40:52 (4368d)