風水や陰陽道において“土”を象徴し、四神の中心に顕現するとされる存在。森羅万象を神格化したものとも。


月華の剣士シリーズ

地獄門を常世側から封じる存在。代々の四神のうち青龍が死して後、これに変わるという。幕末の時点では慨世がこれに当たっていたが、常世の想念に狂わされて最強の「常世の使者」と化し、現世の剣士たちの前に立ちふさがった。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:35 (5407d)