伊賀の影丸

土蜘蛛五人衆の一人。口から辺り一面に広がる霧を吹き、また、油の霧を吹きだしてそれに火をつけ周囲を焼き払う。更に木の枝に何本もの縄をかけ、その間を飛び回りながらの攻撃を得意とする。火術を石綿製の忍者服により封じられ、影丸に空中戦を挑むも己の縄を逆用されて敗れ去った。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:34 (4849d)