伊賀の影丸

飛騨忍群の首領。双条鞭を自在に操り、さらに鞭の音で毒蛇を操って二段攻撃を仕掛ける。地獄谷金山で豊臣家再興のための軍資金を集めていたが、嵐月之助に配下を全滅させられ自ら出陣。早耳頑十郎を倒すが、影丸には術を見破られて木の葉火輪の術で重傷を負い、証拠隠滅のためにかくし金山もろとも自爆した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:32 (4790d)