伊賀の影丸

服部半蔵配下の少年忍者。若年ながらその腕前は大人顔負けで、陰謀や死闘の数々をくぐり抜け、伊賀に影丸ありと知られている。周囲に木の葉を巻いて逃れたり相手を眠らせたりする「木の葉隠れ」、その応用としてあたり一面を炎に包む「木の葉火輪」を得意とする。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:32 (4849d)