江戸時代の盗賊。享保の頃、雲霧五人男の頭目として活動したというが、実在は疑わしい。講釈「大岡政談」で有名。

天守閣の音

左眉尻に黒子がないことを除けば、大岡越前守と瓜二つの容貌。それを利用して大岡に化け、名古屋城のご金蔵破りを企むが、石子伴作に見破られて捕縛される。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-15 (土) 20:53:54 (4841d)