天明期の義賊。稲葉丹後守の侍医の子に生まれたが、手癖が悪く勘当され、夜盗となる。専ら大名屋敷を荒らし、刀・脇差しばかりを盗んだという。捕らえられ引き立てられる途中、茶店の便所から縄抜けして名声を馳せたが、上州に逃げて潜伏中に病死したという。稲葉小僧新助とも呼ばれる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:30 (5400d)