江戸初期の剣客。鐘捲自斎に学び一刀流を創始。門弟に神子上典膳(小野次郎右衛門)らがいる。
14歳の時に大島から板切れ一枚にすがり伊東まで泳いだ話、三島神社で富田一放と試合して勝ち神主から宝刀・瓶割りを授かった話、愛人に欺かれて寝込みを刺客に襲われるも、逆襲して秘大刀「払捨刀」を編み出した話、鶴岡八幡宮に参籠して無意識のうちに敵を斬り夢想剣を悟った話など、逸話が多い。
WikiPedia.ja:伊藤一刀斎

主な登場作品


忍者旋風

夢想剣の使い手。母を追って駆ける風魔小太郎を只者でないと見抜き、立合いを挑むが、小太郎の奇計に夢想剣を破られる。また、小太郎の落とした竜煙の書を巡って、石川五右衛門の一党と死闘を繰り広げた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-10 (日) 23:13:14 (5165d)