新吾十番勝負

松平頼方(後の徳川吉宗)と町娘(後のお鯉の方)の間に生まれた長子。幼名美女丸。生まれてすぐに真崎庄三郎に奪われ、秩父の自源流道場で庄三郎と梅井多門に育てられた。長じて後自分の素性を知り、葵新吾の名と一万石の扶持を与えられる。栄達を嫌って剣術修行の旅に出るが、持ち前の正義感と将軍家相続を巡る周囲の思惑から、次から次へと事件に巻き込まれ、十番の真剣勝負を行う。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-16 (日) 00:23:35 (4695d)