ガラシア祈祷書

細川忠利に仕える忍び衆。阿蘇山の修験者が起源で、義に生きることを誇りとし金ではなく自分たちの意志で動く。また抜け忍を追うこともない。佐々成政から迫害を受けたが忠利に拾われ、それを恩義に感じている。島原の乱の際には天草四郎の命を救うという秘命を受けて独自に活動した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 21:12:28 (4790d)