虚無戦史MIROKU

かつて神の軍団が作り出したという禁断の生物兵器。あらゆるものを食らいつくし、同化して際限なく増加していく怪物を生み出す、生きている穴というべき存在。真田幸村の命で霧隠才蔵が京で研究を行っていたが、才蔵の野心により暴走した。夢幻美勒らの活躍により宇宙に放逐されたが、それ以外も存在していたらしく、現代に至るまで様々な場所で幾度か出現した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:20 (4966d)