(1580頃〜1650)江戸前期のポルトガル人イエズス会司祭。日本名・沢野忠庵。1609年に長崎に上陸、布教活動を行うが1633年に捕らわれ、穴吊しの拷問で背教、最初の転びバテレンとなる。以後、キリシタン禁制政策に協力、目明し忠庵と呼ばれた一方で天文・医学を日本に伝え、後者は南蛮流医学として伝わった。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-15 (土) 12:57:14 (5392d)