ガラシア祈祷書

島原の一揆衆のごく一部にのみその存在を知られる文書。高山右近が日本追放された頃の、迫害を受けている切支丹の現状が書かれており、細川ガラシアの名においてローマ法王に送られることとなっていた。後に森宗意軒が手に入れ、利用しようと企む。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 21:07:02 (4818d)