妖説五三ノ桐

西念居士が晩年に精魂込めてつくった剽悍な少女。指の間から銀色の糸を放って相手の動きを封じ、部下と連携攻撃をしかける魚鱗霞ノ法、男の精力を奪い取るなめくじノ法などを操る。様々な手段、人間を使って、豊臣秀頼真田幸村一党を追い続ける。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:06 (4939d)