伊賀の影丸

半蔵暗殺帳奪回のために伊賀地ごく谷から招集された忍者の一人。名前の通り、ふくろうの大群を自在に操る。倒した独眼房兵馬の死体を利用して飛騨忍者をおびき出そうとするが逆に待ち伏せされ、頼みのふくろうも鼠の群れに封じられて大文字冬心の奇襲に倒された。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-15 (土) 15:12:23 (4906d)