伊賀の影丸

若葉右近に雇われた甲賀七人衆の一人。非常に粘性の強い唾液を分泌し、その唾液で眼潰しをしたり、蜘蛛の巣を作って相手を捕らえるくもの術を操る。蜘蛛の巣で影丸を捕らえるが、木の葉がくれの木の葉によって糸の粘着力を封じられて敗れた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:20:01 (5407d)