東京魔人學園外法帖

萩原屋の遊女。三味線と唄が絶品だったが労咳で体を壊して人気が衰え、周囲から苛められた末に無念を呑んで亡くなった。桔梗がその三味線に外法を施し復活、怨みのある相手を次々と殺していったが、馴染みであった蓬莱寺京梧らの言葉に成仏した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:19:59 (5397d)