忍者からす

神鴉五代目頭領にして「影」と共に石田三成に仕えた凄腕の忍者。関ヶ原の合戦の際に三成の娘・木美を落ち延びさせた。木美の十六歳の誕生日に、彼女と交わったの若者たちを次々と討ち果たすが、最後に残った自分の息子と相討ちとなる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:19:56 (4880d)