柳営秘録かつえ蔵

江戸市中を騒がせた奇怪な辻斬り。男女連れだって夜道を行く者を斬り、斬った後に必ず「お杉様!」と叫んだという(反対に独り者の男には金子をやった)。その正体は、恋人のお杉が大奥に上った旗本・力石三之丞。自分を退治に現れた鬼小僧を追いつめるが、丁度その時間にお杉がかつえ蔵で命を絶ったため、自分もその場で切腹した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-16 (日) 00:12:26 (4786d)